新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした、日本政府による外国籍の方の新規入国制限措置により、ピアニストがマイケル・ドゥセク氏から鈴木隆太郎氏に変更となりました。

 

<鈴木隆太郎プロフィール>
栄光学園高等学校を卒業後、渡仏。パリ国立高等音楽院でB.リグット、H.カルティエ=ブレッソン、M.ダルベルト、M.ベロフに師事。現在はE.ヴィルサラーゼに師事し、パリを拠点に演奏活動を行う。イル・ド・フランス国際ピアノ・コンクール第1位、エミール・ギレリス国際ピアノ・コンクール第2位、ヴァルティドネ国際音楽コンクール第2位等、受賞多数。東京フィル、神奈川フィル、コロンビア国立響、ルイジアナ・フィル、オデッサ国立管等と共演するほか、フランス国営ラジオ等に出演。室内楽でも五嶋龍と共演を重ねる。2017年にクラヴェスよりデビューアルバムを、2020年にオルトゥスから2ndアルバムをリリース、高評を得る。